こどもたちの居心地の良い環境とは

「発達障害」をもつ子どもたちの起こす行動の中に、「かんしゃく」があります。「かんしゃく」は、周囲の大人たちが、言葉などで制止して、止めようとしても止める事ができるようなものではありません。

子どもたちの「かんしゃく」を、大人たちが止めようと考えるのは、無理難題な事柄に挑戦しているようなものだと専門家は言います。

「かんしゃく」を起こす子どもたちは、何かしらの訴えをもって「かんしゃく」を起こしているものだと考えると、そこにある「原因」なるものをみつけたり、一緒に考えてあげる事が大切な事なのだそうです。

「かんしゃく」は、無理矢理にでもコントロールするものではなく、子どもたちが訴える「原因」をみつけ、取り除くというような考えが必要だという事です。

「発達障害」をもつ子どもたちの中で、落ち着きのないと、常日頃から言われているような子たちが、本人たちの落ち着く居心地の良い環境では、のんびりとリラックスして過ごしているというような報告もあるようです。

「かんしゃく」を起こす子どもたちにも、その環境について考えてみる事が良い解決につながりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です