天才と発達障害

天才と○○は紙一重などという話しは、様々な場面で見聞きすることではないですか?
「発達障害」を説明する際に、天才や才能といったワードを使うことがあります。「発達障害」は、「脳の機能障害」と言われていますが、別の言い方をすると認知の偏りと言われています。認知の偏りとは・・・、「才能の偏り」だと言う人々の見解を耳にする事もあります。また、天才は才能の偏りが生むといった考えもあるくらいです。昨今では、発達障害をあらゆる方面から、解いた書籍が出回り、発達障害が生む天才的な才能がクローズアップされる事もあります。歴史上の天才と呼ばれる人々は、発達障害という天才的な脳を持った人々だと表現する書籍も少なくはありません。発達障害をあらゆる方面から見ると、人間の個性を形作る、人間の才能のバランスと言えるのかもしれません。ある一方から、発達障害を観察すると、生きづらさや障害を持つ不便さがクローズアップされますが、その裏側では、天才を生み出し、世の中の文明や日常の常識を覆すような偉業を成し得てしまうこともあります。天才の過去の偉業は、未来の日常では当たり前の事として受け入れられている事もあります。このように様々な側面を見せる、発達障害の抱える問題点とは、一体どんなものでしょうか?まず、第一に、発達障害を抱える人々が、生きづらい社会的しくみを削除していくことが重要なのではないかと考えます。現代社会で「発達障害」というワードは、あらゆる場面で使われるようになっています。現代社会のあらゆる場面で、発達障害の存在が確認されているという事になります。職場、夫婦、家族、親子、女性、男性、学校、など、皆さんの日常の中で、発達障害という問題は、どのように関係性がみられるでしょうか?発達障害を、別の意味で捉えるという事は、皆さんの自由です。発達障害という問題には、あらゆる可能性が秘められているという事を忘れないで下さい。